ダミーブックとは?

ダミーブックとは装飾用に使われる偽の本のことです。

店舗商品棚ネガティブスペースの洋書ディスプレイ

日本では無地のページで製本された装飾用書籍や本型の置物、アンティーク洋書の背表紙をモチーフに樹脂や木材で作った本型の建装材のことを「ダミーブック」「ダミー本」「イミテーションブック」、本の形をした箱型の小物入れを「ブックボックス」「ブックストレージ」と呼びますが、欧米では「dummy book」よりも「faux book」「false book」「fake book」「replica book」のような言葉で呼ばれることが多いです。

※素材を本の形にまとめて世界観を表現するアートにもダミーブック(ブックダミー)と呼ばれるものがあります。

DIYで作るダミーブック

背表紙デザインをコピー用紙にプリントし組み立てるだけで店舗ディスプレイにも使える本格的なダミーブックを作ることができます。

ダミーブックの作り方

ダミーブックペーパー

ダミーブックペーパーは、Replica Booksのオリジナル商品(商品名)で、古い洋書をモチーフにしたデザインをプリントアウトした厚紙のことです。

折るだけで簡易のダミーブックとして使え重量がとても軽いので、高層書架などの高い場所を飾る装飾用書籍として利用されています。

ダミーブックペーパー

シェアする